元スタッフが教える「ホームステイで気をつけるべき」こと

今回は元留学エージェントの現地スタッフという視点で実例や裏話を交えながら、ホームステイで気をつけるべきことについて本音で書きたいと思います。

スポンサーリンク

なぜホームステイを選ぶのか?

そもそも、ホームステイをする理由は何なのでしょうか?

「慣れるまではホームステイしよう」と安直に考えてはいないでしょうか?もしくは留学会社に勧められたから?

自分で「○○の為にホームステイをする」と言える方は大丈夫でしょうが、特に理由もなくホームステイを選択するのは危険です。

なぜなら、基本的に寮や自分で家を借りる場合に比べて費用が高いからです。

高い費用を払って嫌な気分になる意味は全くありません。

ホームステイは人間関係のトラブルが多い

ホームステイ先は、何も外国人を受け入れる為に特別に訓練された家族や、外国文化に興味がある家とは限りません

中には『家で人の面倒を見るだけでお金が貰える』と思っている家族もあります。

もっと言えば、あなたを受け入れる予定のファミリーが過去に留学生を受け入れた事のある家族かどうかは分かりません

実際に僕はホームステイ先の新規開拓の業務も行なっていましたが、最低限の衛星面や、家族・周囲の環境という規定項目をチェックしていましたが、その後実際に留学生を派遣してから、留学生からの評価が良ければ継続悪ければ登録削除という形でした。

要するに、あなたが全くコミュニケーションが取れない人物だったしても、それに対して家族が何でも辛抱強く面倒見てくれるとは限らないのです。

ステイ先はホテルではない

ステイ先はホテルではありませんし、決して快適な場所とは限りません

むしろ、最初は言葉もうまく話せず、コミュニケーションに苦労して疲れると思います。

前述したように、向こうから逐一あなたの事を心配してくれるとは限りません。

しかし、中にはそれで『うちのホストファミリーはハズレだ』と思ってしまう方がいますが、そうではありません。

ホームステイとは、お金を払う代わり、最低限の生活を用意してくれる家だと思っていた方が良いでしょう

そこから先の話は、留学するあなた自身のコミュニケーションスキルが鍵となります。

こう書くと「ホームステイってたいした事ないな」と思う方もいるかもしれませんが、ぶっちゃけそうです。

あくまでホームステイとは家族としゃべれるチャンスがある場所であって、そのチャンスを生かすも殺すも自分次第です

小さな問題もその都度解決する

ホームステイで失敗しないコツは小さな問題もその都度解決するということです

小さな問題を放置していれば、必ず他の事にも影響していき、結果的に「最低なホストファミリーだった」という事になってしまいます。

たとえば過去にインド系のフィジー人の家庭にホームステイしている留学生から「毎日カレーで飽きた」と相談された事があります。

通常ならこういう事は、留学生自身に解決して貰うのですが、話を聞くと他にも「英語を勉強しにきたのにホストファミリーが英語ではなくヒンドゥー語を使う」など、色々と不満が溜まっているようでした。

実際にホストファミリーに話を聞きに行くと「留学生に話す時は英語を使っているよ。だってヒンドゥーで話しかけても分からないし 笑」と言っていました。

どうやら話聞くと、その留学生は「昼ごはんのお弁当が毎日カレーばっかり」という不満があって、それをホストファミリーに伝えられずにうんざりしていたので、帰宅しても引きこもりがちになっていたようです。

ホストファミリーは留学生が部屋に引きこもるので、家族と話すしかなくなり、ホストファミリーは同じくインド系なので、家族間で話す時は当然ヒンドゥー語になるという自然な流れでした。

しかし、留学生からしたらそれも気にいらず、いろんな面でどんどんホストファミリーが嫌いになっていきました。

この件に関しては、そもそも『朝と夜』は食事付きという契約だったので、留学生の言う「昼が毎日カレー」というのは、そもそもホストファミリーの善意だったのですが、善意からだけに尚更言えなかったようです。

結局、留学生本人の口からホストファミリーに「飽きたからもう必要ない」と素直に伝えた事により丸く収まりました。その際に気を使って「今度一緒に夕飯を作ろう」と言って実際に作ったそうなのですが、こういった気遣いによりどちらも不快な思いをせずに済みました。

それからは留学生も再び頻繁にリビングに顔を出すようになって、英語を使う機会も増え「ヒンドゥー語ばかり話す」という不満も同時に解消されました。

このように、小さい問題や疑問もその都度ホストファミリーと話し合い解決することで、お互いに居心地良く生活をすることができます。

ホームステイ最大のメリット

僕が思うホームステイの最大のメリットは、家族と話せる事でもなく、食事や寝床を用意してくれる事でもなく、リアルなその国の生活を体験できるという点にあると思います。

食事・寝床の確保や実際にその国の言語を使いたいだけなら、寮や自分で借りた家で生活しながら、街に出てスーパーや飲食店でその辺の人たち相手に話せば十分ですが、その国の人たちが普段どんな物を食べて、どんな生活をしているのか?と言う事は、実際に一緒に住んでみないと分かりません

なので、リアルなその国の人たちの生活を体験したいならホームステイをおすすめします。

反対に「留学の最初は住むとこが無いから」などと言う理由でホームステイをする予定の方は、その土地に慣れるまでの1〜2週間ぐらいの短期にして費用を浮かす事をおすすめします。

ホームステイ選びの注意

これからホームステイをしようとする方に注意して欲しいのは主に下記の事になります。

  1. ホームステイをする目的
  2. 立地
  3. 過去に留学生を受け入れた事があるのか?
  4. おおざっぱな現地情報

(1)は、上記に書いたような事です。「ホームステイは最低限の食事と寝床を確保してくれること」「ホームステイをしたからと言って、家族から積極的に話しかけてくれるとは限らない」などと言ったことです。

(2)の立地は、たとえば家から学校や街までどれくらい掛かるか?といった情報です。実際僕もオーストラリアでホームステイをしたことがありますが、家からバスで50分くらい離れたところがステイ先でした。その時はバスの本数が少なくて学校帰りに友達と街で遊ぶ余裕が無くて不便でした 笑

(3)も聞いておいた方が良いでしょう。自分が納得しているなら良いですが、何も知らずに実験台として使われたら嫌ですよね。基本的に一度ステイ先に派遣されてからは、何かと理由をつけてステイ先の変更は基本的に行なってくれませんので、ホームステイをする前に全て解決しておきましょう。

(4)たとえば、僕が働いてたフィジーでは、人口の約半分がインド系のフィジー人でした。ここでは説明を省きますが、色々な理由から比較的に会社の規定に沿った家はインド系のフィジー人の家が多かったのですが、中には「フィジー人の生活が体験したかったのに・・・」と言う方もいました。インド系のフィジー人もその国に住む人々なので、それもその国のリアルな文化なのですが、ホームステイをしてからそういった目に遭わないように、おおざっぱにでもあらかじめ自分で調べておいた方が安心です。

その他Q&A

Q : 子どもがいる家族の方が良いって聞くけど実際はどうですか?
A : 子どもがいて良かったという人もいますし、子どもが毎日遊びに誘ってきて疲れたという方もいます。しかも子どもはネイティブで物凄いスピードで話してきます。一概にどちらの方が良いとは言えませんが、家族構成はそこまで関係ないと思います。

Q : その国の言語が全く話せません。最低限覚えておいた方が良い言葉はありますか?
A : どの国の言語だろうが最低限「はい」「いいえ」「わかりません」の自己主張さえできれば問題無いと思います。相手が何を言っているのか分からないと言う事に関しては、リスニングは慣れですので、分からない時は「分からない」と言って意味を聞けば良いです。

Q : 家族とのコミュニケーションが不安です
A : どういうつもりでホストファミリーが留学生の受け入れてるのかに関わらず、その国の言語が話せないというのは事前の知識として持っているので、不安にならなくても大丈夫です。簡単な単語で良いので、毎日の挨拶や、言葉が分からない分、感情表現でコミュニケーションを取るようにしましょう。言葉より感情表現の方が大切だというのは、あなたが仮に外国人を受け入れた時をイメージすればなんとなく分かるかと思います。

Q : 持ち物であった方が良いものはありますか?
A : 生活用品は個々で異なるので特別な物は不要ですが、コミュニケーションのツールとして、辞書などの語学関係のアプリなどは入れて置いた方が良いです。家族との会話で分からない事などはそのままにせずに、その都度一緒に確認して理解しておいた方が後々トラブルになりません。

Q : 日本からのお土産は必要ですか?
A : 留学会社によれば「どっちでも良い」という方もいますが、個人的には絶対あった方が良いです。最初に物をあげるだけで良い印象を持たれるなんてラッキーじゃないですか?笑。もっとも、高い物を渡す必要はなく、100円均一で買えるもので十分です。扇子や漢字の書いてある団扇、刀のおもちゃのような『日本っぽい』物でも良いですし、駄菓子とかでも構いません(食べ物は税関で没収される場合もありますが)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました