海外旅行で使うのにおすすめのカバンや小物類

スポンサーリンク

海外旅行時に役立つカバンやら、あると便利なちょっとした小物類までまとめました。できるだけ安い価格帯の物に絞ったので是非参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

バックパック

KAKA アウトドア 登山用バッグ 40L KAKA-2070

このバックパックは他の方が書いてたブログで知ったのですが、これがもうめちゃくちゃ使い勝手が良くて大満足しています。まず40Lという大容量なので2週間程度の旅行分の荷物も十分入ります。実際に13日間のタイ旅行ではこのバックパック1つで済みました。

収納スペースが多い!

収納スペースが多く、至るところにポケットが付いているのも魅力です。

メイン部分はノートPCを入れるパット入りの仕切りが付いています。メインの収納が横からなのがこのバッグの特徴で、その点に関しては「機内での荷物の出し入れに不便」という意見がありそうですが、個人的にはその点を差し引いても、サイドがメイン部分なのはめちゃくちゃ良いと思います。単純に縦入れよりも横入れの方が、幅の大きい荷物でも簡単に出し入れできますし、機内以外で利用する際はサイドから出し入れする方が圧倒的に便利です。これは実際に使用した際に痛感しました。まぁ横入れの方が便利だと思って作ったわけでは無く、後述しますが、このカバンはショルダーバックにもなるので、その時に利用しやすいように結果的にこうなっただけだとは思いますけど 笑。あと地味な所としてはメイン部分がジッパーがダブルになっているのもポイント高いです。ワイヤー式の南京錠とか掛けれますからね。

バックパックの頭の部分には浅めのポケット。ちょっとした小物を入れるのに便利ですね。

その下は、深めのポケットが幾つかあります。ノートやペンなどの筆記用具類や本などを入れるのに便利ですね。

腰のベルト部分にもポケットがついています。

普段使いでも違和感の無いスタイリッシュさ

このカバンはバックパック・スタイル以外にもボストンバックやショルダーバックといった3つのスタイルで使うことができるので、普段使いでも気分に合わせて使用することができます。

グリップ部分はかなりしっかり出来ています。これに付属のベルトをつければショルダースタイルになります。

ちなみにこのカバンは、小柄な人が背負ってもバッグ大き過ぎるように見えないので、バックパックのまま普段使いすることが多いです。如何にも「バックパック」っていう背の高い物やカラフル過ぎる色だと普段使いにくいですしね・・・。そういう意味でも気に入ってます。

機能性が抜群

サイドにはちゃんとドリンクホルダーも装備しています。これがあるのと無いのではバックパックとしての便利さが圧倒的に変わってくるので大切な部分です。また、撥水加工されているので小雨程度であれば大丈夫です。また、僕は自分で購入した物があるので使っていませんが、ダイヤル式の南京錠もオマケでついてきました。

圧倒的に値段が安い!

何よりこのカバン・・・圧倒的に値段が安いです。在庫やカラーによって値段は多少変動するでしょうが、3980円〜6000円前後で販売されています。僕は黒がおすすめですが、カモフラやグリーンもあります。なんかAmazonではカモフラの方がグリーンより1000円以上安かったです 笑

LCC機内持ち込み可能サイズ

幅32cm高さ55cm奥行20cmと、LCCの機内持ち込み可能サイズに収まります。基本的に格安航空しか利用しない私にとってはありがたいです。実際にエア・アジアの機内持ち込みができましたし、荷物を棚にあげなくても足元にスッポリ収まりました。機内の棚に奥のめんどくさいんで使ったことないです 笑。ちなみに13日間の旅行で荷物を入れた総重量でも6kg以下でした。

唯一のデメリット?

このカバンは生地がめちゃくちゃしっかりしているのですが、その反面、本体重量だけで2kg近くあります。ショルダー部分と背中部分にはパットがあり、腰のベルトもあるので思ったより重量は感じません。ただ、ハイキングにも使えると書いてる記事も見かけましたが、長時間のハイキングや登山用で使うのであれば結構キツいと思います。いや・・・カバンの耐性的な面ではアウトドア向けなんですけど、やっぱり重量を考えると、アウトドアで使用するにはもっと軽いバックパックの方が良いかな?と個人的には思います。海外旅行の移動用には完璧で文句のつけどころがありません。

街歩き用のカバン

Ocean Pack ドラム型 防水パック アウトドアバッグ

街歩き用のカバンとして愛用しているのが、Ocean Packのドラム型バック。防水バッグなんで雨降っても余裕ですし、バックパッカーなどで共同シャワーを利用する際に着替えや洗面道具をシャワー室の中に持ち込めるので便利です。そして何せめちゃくちゃ安い。僕は8年前にタイで購入したやつを普段でも愛用してるんですけど、物持ち良いですね 笑。カバンに物が入って無い時はクルクルっと巻いて収納できるので便利です。5Lと15Lの2つを持ってるんですが、15Lでもパソコン入れると結構きついですし、あまり物を入れ過ぎるとカバンが偏見して背負ってる時痛いので、大型なものを入れて持ち運ぶのはおすすめしません。1つは持ってるとかなり便利ですよ。中に仕切りが無いのでファスナー付きの方が便利だと思います。

ミニポーチ

エレコム スマホケース ポーチ

どのような物でも良いのですが「カラビナ付きのミニポーチ」をバックパックに付けて置くと、非常に空港が楽です。もうね、海外旅行に行くときって何より空港で一番ストレスを感じるんですよね。こまめにパスポートやチケット見せたり、電子機器を取り出したり・・・それを出国時も入国時もするわけですよ。そんな時に、パスポートや航空券、電子機器などを一箇所にまとめて分けて置くと凄く便利です。

こんな風にパスポートと航空チケットを入れておくと、スムーズに事が運びます。これだけで全然違います。できれば電子機器も空港内だけはこのようにしておきたいですが、パソコンやタブレットなどを持っていると、結局カバンから取り出す手間があると思います。そういう場合はあらかじめ一箇所にまとめて置くか、大型の電子機器以外は外付のポーチでまとめても良いかもしれません。まぁなんせできるだけ、すぐに取り出せるようにしておきたいですね。

収納袋

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 (Bon Voyage Go Goセット)日本製

収納は基本的に透明のジップロックにまとめた方が一目で見て分かるので便利です。上記のジップロックは簡単に圧縮ができるので物凄く便利ですが、下記のようなスーパーとかに売ってる食品用のジップロックは安いのでおすすめです。気兼ねなく使い捨てできますし、みんな家にあるんじゃないでしょうか?

【大容量】ジップロック フリーザーバッグ L 60枚入

ミニサイズの懐中電灯

ジェントス スモールキーライト 【連続点灯8時間】 SK-10G

これはあった方が良いですね。途上国だと停電を珍しくないですし、バックパッカーとかに泊まる予定がある人は、消灯時に役に立ちます。そんな嵩張る物でも無いですし、カラビナ付きのミニサイズの物でもぶら下げて置いた方が良いです。あくまであった方が良い物なので、明るさよりも、使い勝手と値段で選んだ方が良いと思います。めちゃくちゃデカい懐中電灯しか無いなら持って行かない方が良いと個人的に思います。

その他電気系統

ジェントス スモールキーライト 【連続点灯8時間】 SK-10G

海外旅行の際に「変換プラグ」と「延長コード」、「タップの増設」は必須。変換プラグが無いとそもそも差し込めませんし、延長コードはドミトリーなら自分のベッドまで届かない事もあるし、個室でも「何でそんな高い位置にあるの?」って宿も少なくありません。そしてタップの増設については、せっかく差し込み口が2つあるのに変換プラグを使うと隣のタップに差し込めなくなったりするんですよね。まぁそんな悩みを全て解決してくれるのが上の商品です。全部1つにまとめてくれてて超便利!唯一の欠点としては、丸型タイプのコンセントの場合、差し込み時に不安定になります。※Amazonリンク先のレビュー欄に動画を載せてくれている方がいるのでそれを見て頂ければ分かりやすいかと。

ちなみに僕は上記の商品の存在を今知って注文したばかりなわけですが、今までは「変換プラグ」と「延長コード」をそれぞれ単品で使用していました。延長コードは100均のを使ってました。

ちなみに変換プラグを使わずに3つ股のプラグに差し込む裏技もあって、基本的にその方法で変換プラグを使わずに使用しているのですが・・・これは感電の危険性があるので説明しないことにします 笑

あ、あと変圧器についてですが、変圧器は最近の家電製品はほぼほぼ使用しないで済みます。もちろん、製品によって違いますので各自で確認した方が良いと思います(過去にめちゃくちゃ安いSANWA製のスピーカーを使おうとしたところ「ボンと!」という音と共に煙が出てきたことがあります 笑)

セキリュティー関係

Raychell(レイチェル) 900mmワイヤーロック 1011

あると非常に便利なのが自転車用のワイヤーロックです。スーツケースやバックパック自体につけることもできますし、たまに下記の写真のように思わぬ場面で役に立ったりするんですよね 笑。この時は部屋の内鍵として役に立ちました。

自転車用のワイヤーロックは適度な長さで軽い100均のやつがおすすめです。もちろん強度もそれなりですが、あくまで無いよりマシという程度で。これぐらいならカバンの外側につけれますし。

あくまで個人的な意見ですが、見た目からして如何にも「金目の物持ってます!」みたいな装備はかえって被害にあう可能性高めると思うんですよね。だからあまり仰々し過ぎず、かといって「こいつセキュリティの意識薄いな」と思われないくらいのバランス、ちょっと「旅慣れしてるな」ぐらいの感じで良いと思います。

実際友人は、スーツケースのダイヤル式ロック・バイク用の太めのワイヤー式ロック・南京錠の3点セットを突破されてお金盗まれた事があるそうですし 笑

その話を聞いてから、今までは貴重品は全て一箇所に入れて施錠していたのですが、隠しポケット付きの下着に一部の貴重品を分けて、使用済みの下着のビニール袋に隠すようになりました 笑

What’s up スタッシュ アンダー ウェア ジップ 隠しポケット付 ボクサー パンツ 海外 旅行 パスポート お金 あんな物やこんな物まで (Black, L)

あとは宿によったらロッカーがあるのでロッカー用に1個は南京錠あった方が良いと思います。個人的にはワイヤー式の南京錠は、ジッパーがダブルタイプの物にも付けれるので使いかってが良いです。

TSA鍵 安心 ワイヤータイプ 2色セット旅行用 3桁ダイヤル式ロック Viane

終わりに〜パッキングのコツ〜

とりあえずこんな所でしょうか。今回の記事は幅広い国で役立つ物を紹介した記事ですが、もともと嵩張らない物に絞って紹介したので、パッキングした荷物の中に今回紹介したアイテムを入れてくれれば幸いです。

 

あとは、途上国行く場合だったらビニール紐なんかは3mぐらい切って持っていたら、室内で洗濯物干すのとか、場合のよっては部屋の仕切りを作るのにも役立ったりしますし、トイレットペーパーを1ロールだけ持っておくと紙でお尻を拭かない国とかトイレットペーパーが切れてる場合も役立ちます。あと医療品なんかは、かゆみ止めや切り傷、肌荒れなどマルチに使えるオロナイン軟膏1つにまとめれたり。

 

細かいところは渡航先や滞在期間によって変わりますが、全てに言えるのは「できるだけマルチに使える物に絞る」ということです。女性の方なんかはスキンケアのクリームをワックスに併用したりなんて話もよく聞きます。

 

まぁだいたいパッキングで一番困るのは衣類だと思いますが、下着は中期ぐらいの滞在でも3つほどあれば十分かと。あとは現地のランドリーサービスを利用するなり、手洗いすることを前提として、速乾性の高い衣類を持っていきましょう。防寒や速乾性などの機能面では、やはりユニクロは素晴らしいと思います。

 

あー・・・パッキングの話長くなりそうなんで、また機会があれば別で記事を書く事にします 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました