VR空間でオタクが大活躍する映画『レディ・プレイヤー1』

スポンサーリンク

そんなに映画に詳しくは無いですが、スティーブン・スピルバーグのSF映画なんて面白くない筈は無い!と思って観たら、なかなか面白かった!超簡単にまとめると、VRゲーム『オアシス』が普及した近未来で冴えないオタクが大活躍するという映画です。

※ネタバレあり

スポンサーリンク

ストーリー

もうちょっと詳しく言うと、創業者の遺産が貰える大会?がゲーム内で開催され、勝者は莫大な賞金とゲームそのものの所有権が貰えるというもので、世界中のほとんどの人が『オアシス』を日常的にプレイする世界では、『オアシスの所有権を持つ』というのは、世界を支配するに等しい意味を持つ。

現実世界ではゲームの借金により、これまたゲーム内の強制労働所で働かされて死亡する人がいるなど、もはやどっちが現実でゲームなのかわからない世界の中で、主人公は仲間たちと『オアシス』を守る為にIOI相手に奮闘するというのが主なストーリー。

とにかくCGがすごい!!

もうとにかくCG映像がど迫力で単純に観ていて楽しい。ほぼCGシーンなので現実的には不可能なシーンの連続で爽快感が半端ない。キングコングが暴れ狂って破壊しまくるシーンとか爽快感が半端ない。

見てるだけ楽しい、あんなキャラこんなキャラまで!

この作品の一番の特徴は、映画からアニメ、ゲームまで様々な世界のキャラクターやアイテムが登場するというところ。AKIRA、ガンダム、ストリートファイター、ゴジラ、シャイニング、ロード・オブ・ザ・リングなどなど、夢の国ですね、ほんと。パロディとかじゃなくてまんま出てくるから!よく著作権取れたなぁ、と感心する。

見直して『どんな作品からどんなキャラ』が出てきたのか確認するという楽しさもある(きっと観なおさないけど 笑)

登場する作品は下記の記事でまとめられていました。

『レディ・プレイヤーワン』に登場するキャラクターオマージュ全まとめ!【スピルバーグ監督作】 | ciatr[シアター]
隠れキャラやオマージュだらけの最新作『レディ・プレイヤーワン』。一目で元ネタのわかるものから、なかなか気づかないものまで、一体どれだけのものが隠れているか......『レディ・プレイヤーワン』登場キャラクターや乗り物のオマージュをまとめてみました。

ストーリー的な面白さはほぼ無い

冴えないオタクがゲームの世界で大活躍して彼女と大金をゲットするっていう何の捻りも無い話なのでストーリー的な面白さはほぼ皆無。逆にそれ以外のところで惹きつけられるところの多い映画だし、子どもから大人まで誰が観ても「つまらない」という人はいないんじゃないかと。うん、きっとこのシンプルさがいいんだな。

特に小さい子どもと親子で観るには思いつく限りで一番最適なんじゃないかと。両者楽しめるって意味で。

世界観が強くて登場人物が空気

本当なら登場人物の良し悪しも作品に関わってくるところだけど、世界観の方が強くて良くも悪くも登場人物が空気なのに作品に影響しない・・・本当に空気 笑

特に主人公は、ゲームの妨害目的で実際に育ててくれた叔母が殺されてるのにも関わらず、翌日にはゲーム内で恋した女の子と現実世界で初めて出会ってドキドキしとる!「お前もうちょっと悲しめや!」と思った 笑。

生活環境がそこまで描かれてたわけでは無かったけど、きっと叔母さんも貧乏な中養ってやってたと思うのに・・・・舞い上がってんじゃねーよ!と。主人公を好きか嫌いで言えば「気持ち悪い」。終盤の全プレイヤーに呼びかけるシーンとか特に 笑

総括

良くも悪くも『小難しいことを考えずに観て楽しめる映画』という一言に尽きる。ゲーム内の世界観はめちゃくちゃ面白かったものの、個人的には『スワロウテイル』を彷彿とさせるような雑然としたスラムの街並みがもうちょっと観たいと思った。スピルバーグ別で映画一本撮ってくれんかな。

映画『レディ・プレイヤー1』日本版予告【HD】2018年4月20日(金)公開
レディ・プレイヤー1 3D&2Dブルーレイセット (初回仕様/2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]
映像特典
・80年代:魅惑のポップカルチャー
・ゲームチェンジャー:コードを解く
・視覚効果による2つの世界:現実と仮想現実
・レベルアップ:隠された音楽
・高得点:ゲームクリア
・ アーネスト・クラインとタイ・シェリダンが語る映画の舞台裏
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました