フィジー諸島で働いてた時の話6

留学エージェントの現地スタッフとして働いていた時に、多かったのがホームステイのまつわるトラブルやった。

正直、裏側を知ってしまうと留学生にはなかなか勧めづらい 笑

細かい事トラブルは毎日のようにあったけど、その中で一番大きかったんは、ホストファミリーお金を持ち逃げしたこと 笑

スポンサーリンク

ホストファミリーのお金持ち逃げ事件

ある日、ドライバーのサイラスから「○○ちゃんがホームステイに不満を溜めている」という話をされた。

極力学校に行かずに、離れたオフィスでジョティと日々オフィス仕事をしてた俺は生徒の名前と顔が一致せん。

でも、どうやらその子のホームステイ先は俺が働いてるオフィスの目の前にあるシェアハウスらしい。


その前にもインド系フィジアンの家のホームステイしてる生徒から「家でヒンドゥー語ばかり話すから英語の勉強ができない」というクレームを聞いてた俺は「どうせコミュニケーションの問題やろ?」と思って聞き流してたものの、後日またサイラスが「数日間夕食がカップラーメンらしい」と、そのホームステイ先の事を言ってきた。

ジョティに聞くと「それはおかしいわよ!あの子の家には食費としてお金を渡してるもの」と言う。

ホストファミリーにお金を渡すってどういう事??と思って詳しくジョティに話を聞くと、もともとはボスの弟がフィジアンの姉妹を見つけてきて、「住むところを提供するからその代わりに留学生の面倒を見ろ」という条件を出して、会社の家を貸し出し、生徒分の食費渡してたらしい。

もう全体的に意味がわからん 笑

てなわけで、学校で授業を受けてる生徒よりも、オフィスから徒歩五秒くらいのその家に直接話を聴きに行く方が早かったので、ジョティと二人でホストファミリーに会いに行った。

ちなみに俺はこの時までそのホストファミリーに会ったことは無かったんやけど、家に行くと10代後半だか20代前半の女の子が出てきた。仮に名前を「メレ」とする。てか本気で名前忘れた 笑

そのメレに「カップラーメン出したって聞いたけど、ちゃんと料理作ってあげて」と言うと、「お金が無くて….冷蔵庫にも何も無い」と。

「はぁ?お姉ちゃんは??」とジョティが聞くと、どうやら2〜3日前にお金持って彼氏と街に行ったきり帰ってこない、と不貞腐れた態度で答えるメレ。

ちょっとフィジー人規格外過ぎる 笑

でまぁ「すぐ電話しろ」だの「どうする気やねん」などと詰め寄ったものの、どうにもならん。

ボスに報告を入れると「すぐ解決しろ!なんだそれは!!」と怒られた。

「そもそも俺はそんな話しらんぞ!!」と。

どうやらボスの弟の独断やったらしい。でもその弟も今はフィジーにおらん。

という事で、一番職場を離れても問題無さそうなジョセフに街を捜索させ、ボスからの支持でメレに「ちゃんと留学生の料理を作るように」お姉ちゃんが持ち逃げして消えた分のお金を渡すことで、とりあえずの解決をした。

そして翌日もジョセフはメレのお姉ちゃんの捜索に出かけ、昼頃に帰ってきた。

ジョセフ曰くメレのお姉ちゃんを街で捕まえたらしい。

「ちゃんとしないと家から追い出すぞ!」と言うと、「勝手にしろ!」と言って怒っての連れてこれんかったとのこと。

次の指示を仰ぐためにボスに電話を掛けるとボスは「ジョセフ何してる情けない、舐められてる」みたいな事を言いだした。

俺からしたら勿論逃げたメレのお姉ちゃんは悪いけど、どこの誰かもわからん姉妹に生徒を預けた弟にまず無理があるし、その弟の失態を「そんな話知らん」と言い放ち、挙句捜索までしにったジョセフに対して「情けない」と言ったボスに腹たった。

だってボスのいつも考えなら、今回むしろケツを拭いたのはジョセフやろ。

だから、ボスと電話しながらメレに「お前らの荷物どれや?」と言って、生徒以外の荷物を持ってこさせて家の外にカバンごと投げ捨てようとした。

メレは荷物も持ってくるときも無表情で、俺が投げ捨てようとする時も他人事みたいな表情やったけど、ジョセフとジョティが「何してるんだ」と慌てて俺を止めた。

電話の外のやりとり聞いてたボスは「お前、今なにしようとした?」と言ったので「ジョセフが勝手にしたらいい!って言われたから荷物捨てたろうかと思った」と無愛想に答えた。

すると「馬鹿か?二度とするな。無理やり追い出して訴えられたりしたらどうする気だ?」みたいな事を言ってきた。

法律の事はよくわからんけど、きっと契約書的なものは書いてないと思うし、ボスもそう思ってなかったからどういう意味での発言かは今考えてもわからん。

まぁたぶん思ったより俺が怒ってたから止めただけやと思うけど。

そんでたぶん怒りが自分に向いてるとは思ってなかったとも思う 笑

とにかく、幸いにも・・・って言うとその家にステイしてた留学生は可哀想やねんけど、その子がもうすぐ帰国やったから「その留学生が去ると同時に家から出せ。そこが空き家になるからお前がそこに引っ越せ」と言われた。

周りに何も無いけど職場から徒歩5秒。しかも3LDKに無駄に広いベランダがついてる家に住めることになった 笑

とはいえ、さっきまで追い出そうとしといてアレやけど、急にメレが心配になった。

もともと何をしててどういう経緯で弟と契約することになったのかも知らんけど、ある日突然お姉ちゃんいなくなって、お金も無くて、住むとこまで無くなるっていう。

そもそもよく考えたらメレ悪くないし 笑

そんな事考えてたら心配になってきて、それから退去する日まではちょくちょくメレの様子を見にいくようになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました